塾は費用がかかる?授業料以外にかかる費用

授業料以外のこまごまとした雑費

塾に入ると、毎月の授業料以外にこまごまとした雑費がかかります。具体的には、テキスト代やテスト費用などです。テキストについては受講する科目分だけ購入することになりますが、成績別にクラスが分かれている塾の場合だとクラスが変更になる度に難易度の異なるテキストを購入することになります。また、授業の進度に応じて途中から問題集が追加されることもあるため、その都度買い足しが求められます。定期的に実施される実力テストを受験する場合は、その分のテスト費用が必要です。学力を調べる目的でテストを受けることが前提となっているため、半ば自動的に徴収されることになります。その他、塾が家から遠い場合には通うための交通費も必要経費に入ります。塾の授業が遅い時間から始まる時には、事前に食べる夕食用の弁当代なども持たせてあげなければいけません。

季節ごとに行われる講習費用

塾でかかる費用の大半を占めるのは、季節ごとに行われる講習費用です。講習は、主に夏期と冬期と春期に開催されます。季節ごとの講習とは、学校の長期休みを利用して昼間から集中的に授業を行うというもので、苦手科目の克服や受験前の追い込みとして欠かすことができません。受験生になると、他の学年よりも長時間の講習が組まれます。そのため、その分だけ講習費用も多くかかることになります。また、個別指導タイプの塾の場合は、人によって講習中の授業のコマ数が異なります。そのため、事前に面談を行って講習で受ける科目と授業数を決めた上で、トータルでかかる講習費用を算出する必要があります。また、あわせて講習中に使用する問題集も購入しなければならないため、その分の費用も考慮しておきましょう。